登場キャラクター

  • [海保]潮 優希
  • NO.290

[海保]潮 優希 親愛度MAX

台詞

「君は凄い人だよね。こんなに濃い人達まとめるなんて、なかなかできたものじゃないよ!」
「…ん?私もその濃い面子の一員?んー、そうかも。濃いってか、暑苦しいって言われる事はあるなー。」
「でも理由はちゃんとあるんだよ?私ね、小さな頃にヒーローに出会ったんだよ!」
「私のお父さんは漁師でね。その日は遠洋に出てたんだけど、なんと時化で船が転覆しちゃったんだ。」
「あんまり小さかったからよく覚えてないけど、お母さんが私を抱き抱えながらずっと震えてたのを覚えてる…。」
「もうお父さんとは会えないのかなーって、もう目の前が真っ暗になるぐらい悲しくなったその時よ!」
「ヒーローがね!海難救助でお父さんを助けてくれたの!そりゃ、憧れちゃうでしょ?」
「それが私がこの仕事を選んだ切っ掛け。まあ、いきなり出鼻くじかれた感はあるけどね…でも今やってる事も人助けだよね!」
「だったら良いよ!戻れるまでは、全力で私もお助けするよ!ヒーローに恥じぬようにさ!」

キャラクター詳細に戻る

全コンテンツ公開。二次利用フリー