登場キャラクター

  • 錆谷 正元
  • NO.92

錆谷 正元 親愛度MAX

台詞

「………お前には感謝している」
「…すまないな、他に言葉が無い。何と言うべきだろうか…」
「知っているかもしれないが、俺は格闘家だ。殴り合いが、飯のタネだった」
「錆び鉄、などと呼ばれていた。成績は、良くなかったな」
「しかし闘う相手が、居なくなった。愚劣に正拳しか打たず、相手を壊す、厄介ものだと」
「だが絶たれた拳の道は、ここで開けた。お前のお陰なんだろう?」
「だから感謝している。俺は、俺の使い道を得た…」

キャラクター詳細に戻る

全コンテンツ公開。二次利用フリー